[子連れ登山] 筑波山近郊の宝篋山に子供と登って来ました

6月の週末に息子と筑波山近郊にある宝篋山(ほうきょうさん)に登って来ました!筑波山近郊にこのような山があることを知らなかったのですが、たまたま以前筑波山に行った時に、山頂で出会った方に教えてもらったのがこの「宝篋山」でした。登りやすく登山道の整備も行き届いており子連れでも大丈夫と聞いたので、息子を連れて行く事にしたのです。

宝篋山のルートは複数ありますが、今回は常願寺コースから登り、小田城コースから下ってくることにしました。ちなみに、以下のつくば市のサイトから宝篋山ハイキングマップをダウンロードすることができます。

“[子連れ登山] 筑波山近郊の宝篋山に子供と登って来ました” の続きを読む

[茨城] 初めてのテント泊@筑波山 -2日目

筑波山緑のトンネル

2013年5月11日(土)

筑波山テント泊2日目は午前5時に起床。昨夜は雨が降ったのでテントの外に出るとフライシートに水滴がついていました。テント内での睡眠は思ったよりも快適でした。雨が降っていたので湿気はそれなりにあったと思いますが、テント内は全く結露していませんでした。起きてすぐに食事の準備をします。

“[茨城] 初めてのテント泊@筑波山 -2日目” の続きを読む

[茨城] 初めてのテント泊@筑波山 -1日目

筑波山テント泊

テント泊は男のロマンです。

山登りは3年前から始めて、関東近郊の山を日帰りで登りにいくようになりました。次第に「テント泊してみたい」と思うようになり、今年に入ってから徐々にテント泊用の装備を揃えて行きました。

そして、ついに先日初のテント泊デビューをしてきました。場所は地元茨城の名峰筑波山の中腹にある筑波高原キャンプ場です。

“[茨城] 初めてのテント泊@筑波山 -1日目” の続きを読む

[南米旅行] ペルー4日目 オリャンタイタンボからペルーレイルでマチュピチュへ

2013年3月2日

朝起きると昨日までの頭痛が嘘のように消えていました。今日はマチュピチュの麓のマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)までバスと列車で移動です。

“[南米旅行] ペルー4日目 オリャンタイタンボからペルーレイルでマチュピチュへ” の続きを読む

[南米旅行] ペルー3日目 空路でクスコへ

2013年3月1日

ペルー3日目はクスコに移動するため朝早くに起きて荷物をパッキングしました。今回の旅行ではリマはストップオーバー扱い、行きのチケットの最終目的地はクスコなのです。マチュピチュの玄関口でもあるクスコへ向かいます。

“[南米旅行] ペルー3日目 空路でクスコへ” の続きを読む

[南米旅行] 7年ぶりの一人旅!いざ南米ペルーへ出発

2013年2月27日 PM14:00 @雨の成田

ターミナルの窓の外は厚い雲に覆われ冷たい雨が降っていました。久しぶりの成田なので余裕を持って3時間前に到着しました。

最後に行った海外は嫁さんと一緒に行った新婚旅行。それからかれこれ5年になります。「一人旅」という事では実に7年ぶりの「一人旅」海外旅行です。

成田の両替所で日本円から米ドルに両替をしました。ドルキャッシュ1,000USDに。アベノミクス効果で急激に円高が進んでいたので、レートは手数料入れて1ドル95円くらいでした。

“[南米旅行] 7年ぶりの一人旅!いざ南米ペルーへ出発” の続きを読む

三十路過ぎてから旅に出ようと思ったきっかけ

ウユニ塩湖の水鏡に映る美しい朝焼け。2013年3月撮影

旅行好きだった少年時代

僕は子供の頃から旅行が大好きでした。どこに行くにしても「旅行にいくよ」と言われるだけでワクワクしました。

ごく普通の家庭に育ったので、旅行もそんな頻繁に行っていたわけではありません。夏休みと冬休みに年1〜2回程度でしたが、毎年国内の色々な場所へ連れて行ってくれました。

高校生の時にたまたまTVでやっていた「深夜特急」を見ました。大沢たかおが主演をしていたやつです。それが当時の自分にとってはものすごく衝撃的でした。香港の怪しげな宿、インドの混沌とした情景、トルコの西洋と東洋のが混じり合う街…。そのどれもが魅力的で面白くて、食い入るようにテレビを見ました。TV放映の後も深夜特急を書店で全巻買い、何度も何度も読み返しました。高校生の多感な時期でしたから、単純に影響を受けやすかったのかなとも思います。そのドラマと本をきっかけに「深夜特急のようにいつか海外を旅してみたい」という想いが芽生えました。

“三十路過ぎてから旅に出ようと思ったきっかけ” の続きを読む