三十路過ぎてから旅に出ようと思ったきっかけ

ウユニ塩湖の水鏡に映る美しい朝焼け。2013年3月撮影

旅行好きだった少年時代

僕は子供の頃から旅行が大好きでした。どこに行くにしても「旅行にいくよ」と言われるだけでワクワクしました。

ごく普通の家庭に育ったので、旅行もそんな頻繁に行っていたわけではありません。夏休みと冬休みに年1〜2回程度でしたが、毎年国内の色々な場所へ連れて行ってくれました。

高校生の時にたまたまTVでやっていた「深夜特急」を見ました。大沢たかおが主演をしていたやつです。それが当時の自分にとってはものすごく衝撃的でした。香港の怪しげな宿、インドの混沌とした情景、トルコの西洋と東洋のが混じり合う街…。そのどれもが魅力的で面白くて、食い入るようにテレビを見ました。TV放映の後も深夜特急を書店で全巻買い、何度も何度も読み返しました。高校生の多感な時期でしたから、単純に影響を受けやすかったのかなとも思います。そのドラマと本をきっかけに「深夜特急のようにいつか海外を旅してみたい」という想いが芽生えました。

“三十路過ぎてから旅に出ようと思ったきっかけ” の続きを読む