[奥穂高岳登山]涸沢から上高地に戻り立ち寄り湯〜初心者テント泊の旅 -3日目

2014年9月28日@涸沢

初の奥穂高岳登山も最終日となりました。今日は上高地まで下山して帰るのみ!まだ暗い朝の4:30に起きて朝食を食べ、身支度を整えます。5時すぎると次第に空が明るくなってきて、5時半くらいには美しいモルゲンロートを見ることができました。

涸沢のテント場から見るモルゲンロート
涸沢小屋のデッキにはモルゲンロートを見る人が一杯

テント場でも多くの人がモルゲンロートを見ようと高台に登ったり、あるひとは三脚を立てて撮影をしたりしていました。僕も三脚をたてて何枚か撮影しました。まだ薄暗くて手ぶれしやすいのでしっかり撮りたいなら三脚があると良いと思います。

朝日山肌を黄金色してとても綺麗です
テント場横の高台から写真を撮る人もたくさんいました

AM7:00 涸沢出発

モルゲンロートが終わると急いで荷物とテントを片付けます。まだ慣れていないので撤収作業が遅い(苦笑)四苦八苦しながらも荷物をまとめてなんとか7時には涸沢を出発することができました。

涸沢の紅葉も見納め

朝日に照らされた涸沢周辺の紅葉もとても綺麗です。写真を撮りつつ下山していきました。

3日間とも天候に恵まれ素晴らしい紅葉を見ることが出来ました
またこの景色を見にいつか戻ってきます!

本当にこの3日間は天候に恵まれ、一度も雨に降られることもなく涸沢の紅葉を堪能することができました。初めて来た憧れの「涸沢」そして奥穂高岳の登山は期待を裏切らないものでした。

涸沢から一気に下山。徳沢で名物のアイスクリームを食べる!

あれだけ疲労困憊して登ってきたところですが下りは早いです。横尾、そして徳澤園まではいっきに降りて行きました。横尾では休憩せずにいっきに徳沢まで。

徳澤園に到着
徳澤園のソフトクリーム食べとかないとねw

AM10:00 徳澤園到着

行きは食べなかったのですが、帰りは必ず食べようと思っていた徳澤園のソフトクリーム。とても濃厚で美味しいソフトクリームでした。これで心残りは無くなった!

AM10:20 徳澤園出発

かなりのハイペースで明神到着

AM11:04 明神到着

コースタイム1時間のところ、40分で明神到着。急いでいたのには訳がありました。 明神でも休憩はほとんどせず、そのまま上高地へ向けてひたすら歩きます。三日間酷使してきた足や膝にも痛みが出てきて、歩くペースが少し落ちましたが気力で歩き続けます。このコースの帰り道は平坦ですが距離が長く精神的に堪えますね…。

上高地アルペンホテルで日帰り温泉

AM11:45 上高地アルペンホテル到着

日帰り入浴ができる上高地アルペンホテルへ

バスターミナルではなく、事前に下調べをして日帰り入浴ができる上高地アルペンホテルに直行しました。ここのホテルは12時〜14時半まで外来入浴ができます。この日は日曜日で僕と同じように山から下りてくる人も多く、遅く行くと混む可能性もあったのであまり混まない早い時間帯に着こうと思って急いでいたのです。

受付でお金(600円)を払い係りの人に案内されて1階奥の乾燥室に案内されました。ここに荷物や靴を置いていくようです。風呂に入る必要最低限のものだけ持って、入浴時間の12時になるまでロビーでくつろいでいました。

時間になったので風呂に案内され、中に入ります。3日分の汗と汚れをきれいに洗い流し、お湯に浸かりながら酷使した足の筋肉をマッサージしました。狙い通り12時過ぎはまだあまり混んでおらず、同時に入っていた人は4~5人くらいでした。

風呂から出て小腹が空いたので昼ご飯を食べようと思いました。アルペンホテル内にもレストランはあったのですが、あまり食べたいメニューが無かったので河童橋周辺に行ってみることにしました。

河童橋の目の前にある「河童食堂」に入ります。中は観光客でごった返していました。僕と同じようなテント泊装備の人も何人もいました。大きい荷物は入り口付近の荷物置き場に置くようです。

河童食堂のメニュー

がっつりと栄養のあるものを食べたかったので、厚切り煮カツ丼を注文しました。窓際の席に座ると目の前には河童橋が見えます。

厚切り煮カツ丼(1450円)を注文
窓際の席からは河童橋が見えます

厚切り煮カツ丼はなかなか美味しかったです。ちょっと値段が高いかなという気もしますが山の上の観光地なのでしょうがないでしょう。

人でいっぱいな上高地バスターミナル

15時発のさわやか信州号までバスターミナルの売店を見たりして時間を潰します。お土産はバスターミナルでも沢山売っているのでここで買うのが良いと思います。

帰りはちょっと奮発して「さわやか信州号」のグリーンカーにしました。これが良かった。足伸ばせてくつろげるのでオススメです。帰りは中央道が渋滞で混んでいて新宿西口に着いたのは20時半くらいでした。

奥穂高岳登山まとめ

いかがでしたでしょうか?涸沢はそれほど難易度の高い場所ではありません。しかしいきなりテント泊装備を担いで初めて登る場所としてはオススメできません。まずはテント泊装備の重さに慣れること。日頃のトレーニングを怠らないこと。体力のある方、日頃から山に登り慣れている方でしたら十分楽しめると思います。

単独&テント泊で涸沢に行ってみたいという方の参考になれば幸いです。
何か質問等あればお気軽にコメントしてください!(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です